Canonical、Ubuntu 19.04をリリース、 オープンインフラストラクチャ、デベロッパーデスクトップ、 およびIoTにフォーカス

※本プレスリリースは2019年4月18日に英国ロンドンで発表したプレスリリースの日本語訳です。

Canonicalは本日、オープンインフラストラクチャのデプロイメント、デベロッパーデスクトップ、IoT、クラウド=エッジ間のソフトウェアディストリビューションを強化したUbuntu 19.04をリリースいたしました。

CanonicalのCEOであるMark Shuttleworthは次のように述べています。「Ubuntuでオープンソースを活用する動きは、通信、金融、メディアだけでなく、さまざまな分野に広がっています。パブリッククラウドからプライベートデータセンター、エッジアプライアンス、クラスターに至るまで、いまやオープンソースの活用は効率性と革新性の基準といえます。Ubuntu 19.04は、こうした変化を支える主要なプロジェクトと、これらの領域への適用を推進するための開発者ツールを提供します。」

クラウドからエッジまでのオープンインフラストラクチャ

Ubuntu 19.04はOpenStack、Kubernetes、Cephなどの主要なオープンソースインフラストラクチャプロジェクトによる最近のイノベーションを組み入れており、マルチクラウドおよびオンプレミス運用向けの高度なライフサイクル管理により、ベアメタル、VMware、OpenStackをはじめ、あらゆる主要なパブリッククラウドまで対応します。

OpenStack SteinはGPGPUおよびFPGAパススルーによりAIとNFVハードウェアを高速化します。Ceph Mimicは複数サイトでの複製を可能にし、最新のKubernetes 1.14はエンタープライズストレージおよびコンテナ化された新しいダイレクトランタイムを提供します。

Optimised Ubuntu Server 19.04およびMinimal Ubuntu 19.04のイメージは、大手パブリッククラウドで入手いただけます。

ゲートウェイ、ロボティクス、スマートディスプレイ向けIoTエコシステム

Ubuntuベースのスマートアプライアンスによって制御に関する意思決定がエッジに移ることで、エッジを中心としたビジネスモデルが可能になります。AmazonはUbuntu上のIoT向けGreengrassを公開したのに加え、自動運転車のコミュニティの発展のために、これもUbuntu上で実行される開発者中心型モデルのAWS DeepRacerを立ち上げました。Edge Xスタックなどのさまざまな産業向け制御機能を、Ubuntuベースのデバイスに長期のセキュリティ更新のサポート付きで組み込めるようになりました。また、スマートディスプレイを複数用いるソリューションも既成コンポーネントとしてSnap Storeから入手できます。

開発者の生産性

IntelliJPyCharmPostmanMicroK8sなどSnapとして公開されている人気の開発者ツールにMicrosoft Visual Studio Codeが加わりました。AI、機械学習、およびデータサイエンスのプラットフォームでも、導入やプロジェクトの繰り返しが容易なUbuntuが、引き続き広く採用されています。

Ubuntu 19.04では、CI/CD、テスト、段階的ロールアウトにおいて、同じSnapの複数インスタンスをインストールできます。たとえば、2つのバージョンのデータベース、あるいは2つのバージョンgolangコンパイラを同時にインストール可能です。Snap epochはメジャーバージョンアップ間でのデータ移行の時期と方法を制御します。

Snap Storeを通じてLinuxデスクトップ、アプライアンス、およびクラウドVM向けのアプリケーションを提供する独立系ソフトウェア発行者は2,000社を超えており、2018年10月から30%増加しています。

VMwareへのデベロッパーデスクトップの統合

Ubuntu 19.04では、高フレームレート、スムースな起動アニメーション、アイコンの読み込み時間の短縮、CPUおよびGPU負荷の低減を実現したGNOME 3.32を導入しています。X-orgおよびWaylandでは、 HiDPIスクリーンの小数値のスケーリングが利用可能になりました。VMwareにUbuntuをインストールすると、双方向クリップボード、簡単なファイル共有、洗練された電源管理を可能にするopen-vm-toolsが自動的にインストールされます。
Ubuntu 19.04はこちらからダウンロードいただけます。

Posted in: