Canonical、Kubernetes 1.18を発表

Canonical, microK8s, Kubernetes
Canonical, microK8s, Kubernetes

Canonicalは本日、Kubernetes 1.18のエンタープライズ向けフルサポートを発表しました。サポート対象にはCharmed KubernetesMicroK8skubeadmが含まれます。アップストリームのKubernetesと平行してリリースされるため、企業は最新の追加機能を活用して日々の業務を強化することができます。

Canonicalの製品マネージャであるAlex Chalkiasは次のように述べています。「Canonicalが目指しているのは、企業がKubernetesクラスターをシームレスに展開、運用するためのツールを提供することです。Kubernetes向けの新しいリリースは、Kubeflow 1.0などの新しいアドオン、Multus、これから発表されるUbuntu 20.04 LTSリリースのサポートと共に、MicroK8sとCharmed Kubernetes両方の可能性を引き出します。当社はお客様やパートナーと協力し、比類のないKubernetes環境を提供できることを大変うれしく思います。」

軽量なシングルSnapパッケージのKubernetesであるMicroK8sは、Raspberry Piのクラスター化などエッジおよびIoTのユースケースに適しており、K8sベースのアプリケーションをテストするためのCI/CDパイプラインを作りたいと考えているDevOpsチームに理想的です。最新の安定版MicroK8sトラックをフォローしているユーザーは、自動的に1.18にアップグレードされます。最近発表されたKubeflow 1.0のリリースは、コマンド1つでMicroK8sで有効化し、エッジにおけるAI/MLの機能を活用できます。 

CanonicalのマルチクラウドKubernetesであるCharmed Kubernetesは、クラウド向けに最も幅広く提供されており、20.04 LTSリリースのプレビュー版リリースサポートの恩恵を受けられます。CNI(Container Network Interface)であり、Kubernetesポッド上に複数の仮想ネットワークインターフェイスを作成できるMultusが、新たにサポート対象ツールの一覧に加わりました。ファイルシステムストレージ用のCSI(Container Storage Interface)アドオンを希望するユーザーは、CephFSサポートを活用できます。自社のセキュリティとコンプライアンスの強化を求める企業向けにはCISベンチマーク1.5もサポートされています。

新機能

MicroK8s

  • etcdが3.4にアップグレード(ARM64向けのみ)
  • CoreDNSアドオンがv1.6.6にアップグレード
  • 「microk8s.helm3」により新しいhelm3アドオンが利用可能
  • Jujuが2.7.3にアップグレード、Snapでパッケージ化
  • configmaps作成用のIngress RBACルール
  • 証明書は有効期間365日に設定
  • 「microk8s.reset」によりアドオンを無効化
  • krewなどのプラグインを「microk8s.kubectl」で使用
  • REST APIによるアドオン有効化の修正
  • ZFSマシンではネイティブのsnapshotterを使用
  • 「microk8s.status」出力の改良
  • RBACの有効時にhostPathがイベントを表示
  • 新しいSnapインターフェイスを追加、他のSnapがMicroK8sの存在を検出

Charmed Kubernetes

  • Ubuntu 20.04 LTSサポートのプレビュー版リリース
  • CIS benchmark 1.5のサポートの追加
  • CephFSのサポート
  • Multus CNI(ポッドで複数の仮想ネットワークインターフェイスを可能にするプラグイン)の追加

Posted in: